SERVICE

SERVICE
03

来店客の顔画像を取得し、来客数や属性をデータ化するクラウド型AIサービス

AIで店舗マーケティングを支援

店舗などに設置したカメラから収集した画像データを専用のAIエンジンが解析。顧客と従業員にまつわるマーケティングデータを自働でレポートします。

顧客動向をAIの眼が自動解析して可視化。
精緻な店舗マーケティングはAI店長にお任せください!

リテールマーケティングはこれまでにもPOSデータを中心に行われてきました。
しかし人による入力に頼るデータ収集にはおのずと限界がありました。
人を介さず、専用カメラが高精度のデータを収集しAIが自動解析する
AIZEがリテールマーケティングの新たな常識となります。

AIZE Researchで何がわかるか?

来店数分析

入り口に設置したカメラでデータを収集、来店者数がわかります。

属性分析

年齢や性別など、AIによる画像解析で来店者の属性を推定できます。

リピート分析

ロイヤリティの高いリピート客も画像データで自動判別できます。

感情分析

来店者の表情の画像データから7パターンの感情を読み取ります。

AIZE Researchのメリット

繁忙期が⼀⽬でわかるからシフト管理も効率的に

カメラが収集した画像から、「いつ」「どれぐらい」の来客数があるのかがデータ化されます。これによって繁忙期など⼀⽬でわかりますので、業務の効率化が進みます。たとえば、従業員やアルバイトのシフトの管理に活⽤すれば、無駄なコストのカットも進みます。

顧客の感情がわかるからホスピタリティが上がる

AIZE Researchが読み取るのは定量データだけではありません。来店者の顔の画像から表情を解析、7つのパターンで感情を読み取ります。
より顧客に近い定性データを活⽤できれば、店舗のホスピタリティは⼀気に向上するはずです。顧客の「⼼」とつながることで、接客が⼤きく変わります。

顧客の属性がわかるから商品展開やキャンペーンが効果的に

顔画像の解析で来店者それぞれ個別の情報を収集できます。年齢や性別といった属性だけでなく、リピーターか新規かといった分析までできます。顧客に合わせた商品展開やキャンペーン施策のヒントになるほか、さまざまな施策の効果測定にも活⽤できます。

クラウドでデータ管理を行うため本部での一括管理が可能

店舗ごとに取得した顧客情報をクラウドで管理。本部での一括管理が可能となり、売上比較や客層比較、売れ筋比較などからマーケティング・販促活動に新しいアイデアが生まれます。また、店舗横断のデータをひと目で見ることができるので、経営者の負担を減らします。

AIZE Research導⼊シチュエーション

AIZE Researchはすでに、スーパーマーケットやドラッグストアなどの⼩売店、飲⾷店、アミューズメント施設、宿泊施設、公共施設などに導⼊されています。AIZE Researchなら⼈間の眼ではなしえない精緻なマーケティングが⽉額数万円からスタートできます。

スーパーマーケット
病院
アミューズメント施設
宿泊施設
飲食店
会社受付


SERVICE
04

不審者や不審な⾏動を察知して管理者に通報するクラウド型AIセキュリティサービス。

店舗運営の危機管理もAIにお任せ

危機は⾝近に潜んでいます。AIZE Securityを使⽤すれば、不審者を確認するためだけに警備員を雇う必要はありません。最悪の事態の時のために最低限の⼈員を雇っておけばいいのです。ブラックリスト機能もあり、対象者の顔を認識し、アラートを出す事が可能です。お店とお客様の安全のためにAIZE Securityは⾒守り続けます。

AIZE Security導入により期待される効果

REQUEST
CONTACT US
お気軽にあなたのお望みをご相談ください。