1. AI画像解析プラットフォームAIZE(アイズ)
  2. AIZE Research

AIZE Research

店舗などに設置したカメラから収集した画像データを専用のAIエンジンが解析。
顧客から従業員までにまつわるマーケティングデータを自働でレポートします。

AIによる画像データ解析がリテールマーケティングの常識を変える

リテールマーケティングはこれまでにもPOSデータを中心に行われてきました。

しかし人による入力に頼るデータ収集にはおのずと限界がありました。
人を介さず、専用カメラが高精度のデータを収集しAIが自動解析する
AIZEがリテールマーケティングの新たな常識となります。

AIZE Researchで何がわかるか?

来店数分析

来店数分析

入り口に設置したカメラでデータを収集、来店者数がわかります。

年齢性別分析

属性分析

年齢や性別など、AIによる画像解析で来店者の属性を推定できます。

リピート分析

リピート分析

ロイヤリティの高いリピート客も画像データで自動判別できます。

感情分析

感情分析

来店者の表情の画像データから7パターンの感情を読み取ります。

AIZE Researchはこうやって活用する!

繁忙期が一目でわかるから
シフト管理も効率的に

カメラが収集した画像から、「いつ」「どれぐらい」の来客数があるのかがデータ化されます。これによって繁忙期など一目でわかりますので、業務の効率化が進みます。
たとえば、従業員やアルバイトのシフトの管理に活用すれば、無駄なコストのカットも進みます。

どの時間にどれくらい来店者がいるのかわかる
新規・リピーターがわかるためキャンペーンの効果測定に

顧客の属性がわかるから
商品展開やキャンペーンが
効果的に

顔画像の解析で来店者それぞれ個別の情報を収集できます。
年齢や性別といった属性だけでなく、リピーターか新規かといった分析までできます。
顧客に合わせた商品展開やキャンペーン施策のヒントになるほか、さまざまな施策の効果測定にも活用できます。

顧客の感情がわかるから
ホスピタリティが上がる

AIZE Researchが読み取るのは定量データだけではありません。
来店者の顔の画像から表情を解析、7つのパターンで感情を読み取ります。
より顧客に近い定性データを活用できれば、店舗のホスピタリティは一気に向上するはずです。
顧客の「心」とつながることで、接客が大きく変わります。

属性×感情の分析で定性的な分析を定量化できる

実現できる事

店舗分析内容

シフトの最適化

課題
来店者のいない時間帯にスタッフが多かったり、
逆に来店者の多い時間帯にスタッフが不足したりする
利用する機能
人の顔の検出 顔の特徴による識別
導入後の効果
来店数の少ない時間帯は人員を削減できる
来店数の多い時間帯は人員を増やし対応できるようになる
リピーターが訪れる時間帯が可視化できるので適した人材を配置できる
シフト管理事例
 

キャンペーン効果測定

課題
キャンペーンや、プロモーションの効果測定が難しく改善施策がなかなか立てられない
利用する機能
人の表情や感情・リピーター検出
導入後の効果
どの商品に対して、どんな感情になっているか
リピーターの来店数と行動がわかる
キャンペーンに合わせたレイアウトや陳列に対しての効果測定に役立てるので、
傾向と対策がより精度の高いデータにすることができました。
キャンペーン効果測定
 
 

低価格から運用が可能

 

月額費用

機能オプション費用

機能制限

合計月額費用

店舗向けAIZE

3万円~/月

0円(すべての機能を利用可)

すべて利用可

3万円~/月

他社A

7.4万円/月

3万円前後 / 月額 × カメラ台数

あり※

10.4万円~/月

他社B

応相談

10万円前後 / 月額

なし

16.6万円~/月

お気軽に店舗マーケティングのお悩みをご相談ください