CASE STUDY

地域コミュニティ施設「ミナテラスとちぎ」様/アップデート株式会社様

栃木トヨタがプロデュースする地域コミュニティ施設に画像認識AIを導入。集客とCS(顧客満足度)向上に繋げる

2022年8月2日(火)、株式会社トリプルアイズ(東京都千代田区、代表取締役:山田雄一郎)とアップデート株式会社(栃木県宇都宮市、代表取締役社長:和氣悟志)は、画像認識プラットフォームAIZE(アイズ)を用いたデータ可視化システムを、ミナテラスとちぎに共同で設置いたしました。



ミナテラスとちぎは、栃木トヨタ自動車株式会杜(本社:栃木県宇都宮市、代表取締役社長:新井孝則氏)がプロデュースする地域コミュニティ施設です。敷地面積約5245平方メートルの中に、ワークショップエリア、カフェ&ライブラリー、託児所、屋外ガーデンを備え、市民の交流の場を提供する施設として2021年10月1日にオープンいたしました。

https://minaterrace.jp/


■実証実験での効果を確認し、AIZEを本導入

本導入に先立ち、2021年11月の大規模イベント開催時に実証実験が行われました。AIZEを用いて施設の来訪者数や滞在時間、男女比率、年齢などの属性分析を行いました。従来の目視でのカウントよりも正確なデータを取ることができ、大型のイベントにも対応が可能だという結論に至り、今回の本導入となりました。

実証実験に関する事例


■来訪者の属性を可視化しCS(顧客満足度)向上に繋げる

今回導入いただいたのは、AIZE ResearchとAIZE Research+です。

AIZE Researchは、施設内4箇所に設置したAIカメラが利用者の顔画像データを取得、クラウド上にある画像認識AIがそれらを解析、来訪者数と来訪者の属性を可視化することができます。これにより利用者の傾向を分析し、CS(顧客満足度)向上に繋げます。

AIZE Research+は、属性分析にプラスして非接触での検温も可能。こちらはミナテラスカフェに設置されました。同様に来訪者の属性を可視化し、メニュー開発や店舗づくりに活用されます。


■手ごろな価格と国産AIが導入の決め手

数あるAIを活用したサービスの中で、トリプルアイズのAIZE導入の決め手となったのは、コストと品質のバランス、柔軟性とのこと。手が届きやすい価格で日本産AIによるデータ分析とオペレーションが可能です。担当者に寄り添いカスタマイズが自由自在な点がAIZEの魅力です。


AIZEホームページ:https://aize.jp/

アップデート株式会社ホームページ:https://updx.co.jp/